犬の殺処分、ゼロを達成 神奈川の保護センター

犬の殺処分、ゼロを達成 神奈川の保護センター

朝日新聞デジタル 4月19日(土)8時10分配信

横浜、川崎、横須賀の3市以外で捨てられたり逃げたりした動物を預かっている神奈川県動物保護センター(平塚市)で昨年度、殺処分された犬がゼロだった。1972年のセンター開設以来、初めてのことだ。川崎市内の動物を預かる市動物愛護センター(高津区)でも、昨年度の犬の殺処分数が初めてゼロになった。

【写真】神奈川県内の犬の殺処分数の推移

いずれも病死など収容中の死亡を除く。県内にセンターは四つあり、横浜市動物愛護センター(神奈川区)と横須賀市動物愛護センターは昨年度の殺処分数を集計中だが、ともにゼロではないという。

動物愛護の観点などから、殺処分の数が年々減っているのは全国的な傾向だ。環境省の統計によると、40年前の殺処分数(収容中の死亡を含む)は年間115万9千匹以上だったが、2012年度は30分の1の約3万8千匹に。県内でも1992年度には約6300匹だったのが、2012年度は217匹まで減っていた。

信じられないような記事ですが、やっとこの日が日本の何処かで、きたのかとびっくりしています。

もっと全国に波及して、日本の動物後進国の汚名を返上してほしいと願っています。

2014年04月20日(日) | お知らせ 子供達スタッフブログ
〒299-4403 千葉県長生郡睦沢町上市場1620-1 TEL.0475-44-2267 info@wan-nyan-kai.com
著作権は藤田ワンニャン会に全て帰属いたします。文章、写真、動画等の無断転載、引用を禁じます。
Copyright (C) 2009 FUJITAWANNYANKAI. All Rights Reserved.